読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カステラの購入ならココのお店 2017年度

葉っぱの部分は、白あんでした。うちは!全員大満足でしたが。あのオーバーまでに甘いお砂糖がたっぷりかかっていて!今でも憶い出すと食べたい。

イマが買い時!

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

カステラ桃カステラ (大)3個入

詳しくはこちら b y 楽 天

カステラ程のしっとり感はありませんが、カップケーキの様なスポンジの上に「アイシング」(粉砂糖)が乗っており、葉っぱと茎は「マジパン」で出来ています。食べるのが楽しみです。「笑える程に甘い!」かも知れません。私も!好みではなかったです。)長崎では「桃の節句」が近づくと、カステラ屋さんに「桃カステラ」が並びます。お味もGOODでした。こちらは今回で2回目ですが!さすが!本場長崎の!カステラという感じでした。「アイシング」が乗っている訳ですから「とにかく甘い!」です。商品自体は長崎のカステラだと思わないで食べた方が良いです。とても可愛いし!一つづつラッピングしてあったので!今回は数人の友人に配りました。テレビ番組の紹介で購入しました。おいしかった〜!わけあって早めに着くように注文したのですが!日数おいたほうがカステラがふわふわでおいしかった〜家族みんなでおいしくいただきました〜数年前に!長崎出身の知り合いに!いただいて!始めてこの桃カステラを知りました。かわいい女の子なので、喜んでくれそうです祖母の88歳の誕生祝いに、甘もの大好きな祖母へ送りましたが・・・。ただ大きい方の買ってますが、お一個当たりのお値段考えるとちょっとお高いんですよね。桃カステラ大好きな主人の両親へホワイトデーも兼ねて送りました。お箱もしっかりしていましたし、一つ一つ柔らかなビニールに包まれておりました。包装紙もお熨斗も、老舗らしさが漂ってきて、とても良かったです。上の砂糖は特別ド甘くなく、どこの有名店でもこんなモンだと思いますよ。可愛らしかったけど、(大)より(小)の方が引き締まった感じかします。とても気になっていた商品なので良かったです。すごく美味しいです。 かわいいきれいな桃の砂糖菓子の下に、甘さ控えめのカステラとのコンビが○。ですので当家では年一回の贅沢品ですがやめられないんですよこれ。今年は送料早割で購入できたので満足です。1つ1つ手作りで!上品で丁寧な作りでした。大変めずらしく、かわいくて、華やかで、お祝いにピッタリです。サイズが大きい方でしたので!1つで!かなりのボリュームがありました。私は正直この甘さが苦手ですが、毎年この時期を楽しみにしている父の顔が忘れられず、全ショップポイント5倍&3/3に届くということで即ポチリ!!送料を入れたら1個1000円になりますが、松翁件さんの味に間違いはないし、ホワイトデーのお返しも兼ねているので楽天で買えた事自体満足です。長崎を離れて弟一家と同居している両親へ送りました。子供たちがとても喜んでいました。そして、カステラがしっとりしていないということです。ぜひまた!来年も注文したいです。本来ならばこのような商品があるということは知らなかったのですが、長崎の友人からの紹介で知ることができました。カステラ部分も!色も濃く!味がしっかりしていて!美味しいです。かたちのかわいさと素朴な味わいが気にいっています。でも!桃がかわいいので満足出来ると思います。(^v^)(甘いのが苦手な方は「チョコラーテ」をお勧めします。。楽天で老舗「松翁軒」の桃カステラが買えるとは!同じく期間限定の『小倉カステラ』は超オススメです♪しっとり感は【カステラ以上】でしたよ。大の桃カステラはちょっと大きく一人では食べきれませんが!珍しいので皆さん喜んで食べてくれます。大と小の大きさの違いが分かればもっと注文しやすかったかな〜。孫の節句のお菓子に送りました。不評でした。人それぞれってことですね。息子はパクパク食べてました。桃のカステラはほかに例がなく!素敵な贈りものだと思います。わざわざお取り寄せする価値のある商品です。愛してます♡娘の初節句のお礼の品として購入させていただきました。私の住んでる地域では見ることのない品だけに満足しております。今回!ひな祭りのお祝いに!3つ購入しました。九州出身なのでひな祭りといったら必需品ですが!ここのが一番美味しいです。甘ければほとんどのものを食べるような祖母に一口しか食べてもらえなかったのがショックでした。トッピングが甘すぎる。出会いに感謝です。これからも作り続けて頂きたいです。毎年人から頂いていたのですが、今年は自分で購入しました。お砂糖部分は!甘いので!甘いのが苦手な方には!甘すぎるかもしれません。機会があったらまた食べたい一品です。長崎出身の友人に話したら、「ああ、あんなまずいの」って笑われたんですが私は大好き。子供の頃はそれがとても楽しみでした。